PowerPoint アニメーションの種類と設定 « PowerPoint・パワーポイントの使い方

PowerPoint アニメーションの種類と設定

PowerPoint(パワーポイント)でスライド上のテキストや図形に動きをつける方法です。オブジェクトの表示、移動、消す時の動作など様々な効果を選ぶことができます。


効果の種類

まず、効果には大きく分けて4つのカテゴリーがあり、それぞれ複数の動作を組み合わせて使う事ができます。


1.【開始】
PowerPoint開始のアニメーション

「開始」は、文字や図形の出現(表示)する時の効果です。
スライドの外から現れたり、フェードインで少しづつオブジェクトを浮かび上がらせたりする事ができます。



2.【強調】
パワーポイント強調のアニメーション

強調は、スライド上に表示されている文字や図形を強調させる時の効果です。
点滅や回転の他に、揺らしたり、拡大・縮小したりする事ができます。



3.【終了】
パワーポイント終了のアニメーション

「終了」は、文字や図形をスライド上から消す(非表示)時の効果。
「開始」の逆で、スライドの外へ出て行ったり、フェードアウトで少しづつオブジェクトを消したりする事ができます。



4.【アニメーションの軌跡】
PowerPoint軌跡のアニメーション

「軌跡」は、文字や図形を移動させる際の動きを自由に指定できる効果。
線で動きを指定し、その軌道に沿って移動させることができます。


ざっと紹介したところでさっそく設定に移りますが、その方法はとても簡単です。

アニメーション設定と複数の効果を追加する

パワーポイントのアニメーション設定

動きをつけたいテキストもしくは図形を選択します。
(複数のオブジェクトに同じ効果をつける場合は、複数選択する。)
[アニメーション]タブをクリック。
[アニメーション]にある[その他]ボタンをクリックします。
テキストの場合、ボックスの枠を選択すれば中の文字全部に、特定の文字列を選択した場合は、その部分にだけ適用されます。

パワーポイントのアニメーションアイコン

あとは、一覧から目的の効果のアイコンをクリックすれば完了です。

目的のアクションが見つからない場合は、一覧の下の方にある[その他の○○の効果]をクリックすると、ダイアログボックスから別の効果を選ぶことができます。



さらに、同じオブジェクトに別の動きを追加でつける際は、
パワーポイントアニメーションの追加

[アニメーションの追加]ボタンをクリックし、同じく一覧からアイコンをクリックします。

ひとつのスライド上に効果を追加していくと、オブジェクトに番号が振られ設定した順番で再生されます。この再生順も「順番の入れ替え」で自由に変更することができます。