PowerPointのセクションとは « PowerPoint・パワーポイントの使い方

PowerPointのセクションとは

「セクション」とは、関連するスライド単位で区切りをつけてグループ分けする機能の事です。ここではそのメリットや使い方を簡単に紹介します。


セクションを設定するその区切り単位での編集や印刷などが可能となり、スライドひとつひとつを操作する必要がなくなります。
よってページ数が多くなってしまった場合でも効率的にドキュメント管理が行えるという訳です。

powerpointセクションとは

まず、作成後は、上図のようにスライドのまとまり毎に区切りが表示されるようになります。

折りたたみ・展開

セクションの折り畳み・展開

セクション単位で折り畳みや展開ができるようになります。
不要なスライドを隠す事により全体の編集・閲覧がしやすくなります。

順番の入れ替え・移動

セクション毎に移動が可能

関連するまとまったスライドを移動させたい時、もちろん複数選択で行うことも可能ですがセクションを設定しておけば簡単に移動させることができます。

印刷の指定

セクション毎の印刷指定

印刷の際もこの区切り単位での指定ができるようになります。
スライド番号の印刷指定でもできますがこちらの方が簡単ですね。

セクション機能についてなんとかくお分かりいただけたでしょうか。
用途は他にもありますが、まずはその作成方法について次項で解説したいと思います。