パワーポイントで表の作成 « PowerPoint・パワーポイントの使い方

パワーポイントで表の作成

PowerPoint(パワーポイント)に表を挿入する方法です。
ここでは2つの方法について紹介します。


挿入・入力・削除

PowerPoint表作成

スライドを選択した状態で[挿入]タブをクリック。
[表]ボタンをクリックします。
下に出てくるマス目上を目的の枠数分だけドラッグします。
※ドラッグ中、スライド上にプレビューされます。
※枠や線をドラッグすることで幅や大きさの変更ができます。
ここで作成できる枠は最大8行×10列までです。それ以上を作成したい際は、この後に紹介する「行・列の指定」を参照ください。

パワーポイント表へテキスト入力

各枠内(セル)をクリックで選択し文字を入力していきます。
セル内で改行したい場合は[Enterキー]を押します。

他にもキーボード入力で下記のような操作ができます。
 ・[Tab]キーを押すと右側のセルに移動。
 ・[Shift]+[Tab]を押すと左側のセルに移動。
 ・方向(矢印)キーで指定したセルへ移動。

削除する場合は、枠をクリックで選択して[Delete]キーを押します。

行や列の数を指定して作成する

パワーポイント挿入ボタンで表を作成

スライドを選択した状態で[挿入]タブをクリック。
[表]ボタンをクリックします。
下に出てくるメニューから[表の挿入]を選択します。

PowerPoint表の挿入ダイアログボックス

ダイアログボックスの行数(縦)と列数(横)で任意の数値を指定します。
[OK]ボタンで挿入されます。

プレースホルダーに挿入する

PowerPointプレースホルダで表の挿入

プレースホルダー内のアイコンをクリック。

表の挿入ダイアログボックス

ダイアログボックスで行数(縦)と列数(横)で任意の数値を入力します。