パワーポイントで省略線を作る « PowerPoint・パワーポイントの使い方

パワーポイントで省略線を作る

グラフやデータを省略する意味で使われる波をPowerPoint(パワーポイント)作成する方法です。


作成方法

下の画像のような2つの種類の作り方をそれぞれ紹介します。
PowerPointの省略線の書き方


それでは、まずパターン1から。これはとても簡単です。
パワーポイントの図形ボタンから

[挿入]タブを開き、
[図形]ボタンをクリックします。
一覧から[星とリボン]にある[大波]または[小波]を選択します。

パワーポイントの省略線

図形作成後に、[図形の書式設定]で[線の色]をなし。
[塗りつぶし]を白にします。
あとは必要に応じて図形の大きさを調整すれば完了です。



次のパターン2は自分なりに考えてやってみたので、他にもよい方法があるかもしれません。ちょっと面倒な作業ですが興味のある方は参考にしてみてください。

2つの線を組み合わせる

まずは同じ2本の線を用意します。
※波線の作成については「波線の引き方」で紹介しています。
PowerPointの波線

上の線を選択し、右クリックから[図形の書式設定]を選択します。

パワーポイント図形の書式ダイアログボックス

ダイアログボックス左側で[影]をクリックし、以下の指定をします。
[標準スタイル]で[オフセット(下)]を選択。
[色]で「白」を選択。
[透過性]を[0%]にする。
[ぼかし]を[0pt]にする。
[距離]を波線と同じ太さに合わせる。
[閉じる]ボタンで終了です。

これで、青い波線の下に白い線(影)ができた事になります。

パワーポイントで省略線の作成

あとは最初に用意しておいたもう一方の線を、下に並べるように配置し、省略したいオブジェクトより前面に表示させます。
間違ってずれないようにこの時点でグループ化(Ctrl+G)をしておく事をおススメします。

また、白い部分の幅を広くしたいという場合は、下に配置する波線にも同じように影を設定します。その場合は[標準スタイル]で[オフセット(上)]を選択してください。