パワーポイント 表示モードについて « PowerPoint・パワーポイントの使い方

パワーポイント 表示モードについて

PowerPointには「標準表示」「スライド一覧表示」「閲覧表示」「ノート表示」と複数の画面表示モードがあります。ここではその各画面について解説していきます。


表示モードの切り替え

切り替えは画面下の表示モードボタンまたは[表示]タブの[プレゼンテーションの表示]で行います。

表示モード切り替えボタン

標準表示モード

標準表示

標準表示モード

パワーポイントを開いた時のデフォルトの画面です。基本的な編集はこの標準モードで行います。

スライド一覧表示

スライド一覧表示モード

縮小したすべてのスライドを一覧で表示する画面です。全体の構成を確認したり離れた場所へスライドを移動させる際などに便利です。

閲覧表示

閲覧表示モード

実際のプレゼンテーション同様、ウィンドウ全体に表示します。ここでは設定したアニメーションなどの動きも確認できます。

ノート表示

ノート表示モード

選択したスライドとノートを一緒に表示するモードです。ノート(スライド下の入力フォーム)はプレゼンなどのメモとして活用できます。